平屋と無垢-鋸南町 棟梁とつくる純和風の家3LDK

無垢材と桧、自然素材を使用した純和風の平屋建て

        
平屋と無垢-鋸南町 棟梁とつくる純和風の家3LDK

お客様のご要望

今回はお家のイメージを「純和風」。
LDKには収納のついた畳スペースをご希望されました。
また、天井のファンシーリング設置もご要望いただき、熱がこもらないように計算して設計しました。

施工ポイント

お家のほとんど全てに無垢材を使用し、日本の大工の技術を詰め込んだ塗り壁を施しました。
床にはヒノキを使用し、冬でも温かみを感じる暮らしやすいお家にすることが出来ました。

職人の技術が簡素化されていく昨今に、あえて回りくどい手刻みで材木を製材し作り上げました。
また、その木材には大黒柱と桁(けた)にはスギ、梁にはヒノキといったように素材にもこだわることでより自然の温かみを感じられるお家に。

しかし、現在の法律や国の指針にもしっかりしたがっています。
長期優良住宅の認定、高気密高断熱、太陽光発電システム、24時間機械給排気、省エネ設備・・・等
太古からある守るべき大工さんの技術力に、現代の便利さや効率性をバランスよく組み合わせた、まさに最高峰の家となりました。

お施主様のご理解とご協力がなければ、このような素晴らしい家を生み出す事は出来ませんでした。
「大工」という技術を廃れさせない為に・・・それが「棟梁とつくる家」のテーマの一つです。
実際に建てられる方は限られて来ると思いますが、この考え方に触れる事はきっと家づくりにおける一助になると思います。

写真

  • 玄関

    玄関

    玄関からの天井は高く、さらに吹き抜けを設けることで開放的なデザインに。
    玄関に入ると木の温もりが全体を包む、癒しの空間になりました。
    帰ってくるのが楽しみになる玄関ですね。
  • リビング

    リビング

    床は無垢ヒノキを使用しました。
    冬の寒い日でもヒヤッとせず、快適に過ごすことが出来ます。
    リビングの一部分には小上がり畳スペースも設けました。
    横になりたいときにはおすすめです。

    通常、木材は「プレカット」と呼ばれる工場などで事前に加工された状態で私たちの元に届きます。
    しかし、今回は大工の技術を後世に残していくため、大工自身が手作業で木材を家に合わせて加工していく伝統工法「手刻み」を行いました。
    この細かい技術が木独特の柔らかさを感じさせたり、家の強度を高めてくれます。
  • 和室

    和室

    格調高い和室。
    縁側から光が差し込み、明るく気持ちの良い空間に仕上がりました。
    床の間に何を飾るかでお部屋の雰囲気もガラッと変わります。
  • 縁側

    縁側

    広々とした縁側です。
    夏は暑い日差しをさえぎり、冬はやわらかく日光を取り込むことができますね。
    こちらにも無垢材を使用、快適で木のやさしい香りに癒されること間違いなしでしょう。
  • ウッドデッキ

    ウッドデッキ

    和室の広縁側から出られるウッドデッキです。
    家族でバーベキューも楽しめる憩いのスペースです。
    縁側とウッドデッキから見える内房総の景色を眺めながら、読書をしたりお茶を飲んでゆっくりするのも良いですね。

施工概要

所在地
鋸南町
家族構成
弟・ご夫婦
構造・工法
長期優良住宅、高気密高断熱、耐震等級3
構造材
無垢材、塗り壁
基礎
ベタ基礎
規模
平屋
敷地面積
72.9m2 (22.05坪)
床面積
1F: 116.03m2(35.10坪)
延床面積
35.1m2 (10.62坪 )
間取り
3LDK
無垢 ヒノキ
この施工例についてのご質問はお気軽に!