NULL
繰り返しの地震に強い「制震」の話 | 館山市・南房総市の注文住宅・リフォームなら早川建設|ZEH対応の家・鴨川市

繰り返しの地震に強い「制震」の話

(2018年06月27日)

今日は、いつもお願いしているプレカット業者さんが、

「制震」についていろいろ情報をもってきてくれたので、

ご紹介します。

 

熊本震災以降、

何かと注目されているのが、

「制震装置」

制震とは建物の揺れを吸収して分散させる装置です。

画像のように柱と柱の間に斜めにいれる制震ダンパー。

 

TRCダンパー

TRC1ダウンロード

 

特殊粘性ゴムをダンパーの中に入れて、

伸び縮みさせることで、

地震エネルギーを熱エネルギーに変換。

吸収します。

 

TRC2ダウンロード

 

 

耐震に比べダメージの蓄積が小さく、

余震などの繰り返しの地震にも高い効果が望めます。

 

震度6強の地震で、水平変異を最大50%程度減少することが可能という

耐震効果があります。

 

特殊粘性ゴムは運動エネルギーを同時に熱エネルギーに変換するため跳ね返りません。

 

ボール状の一般ゴムと特殊粘弾性ゴムの跳ね返り実験↓

 

一般ゴム

特殊粘弾性ゴム

 

気持ちよく跳ね返りません。

運動エネルギーが熱エネルギーに変わる瞬間でした!

 

 

弊社が採用させていただいているのが、

「アイディールブレーン」の制震テープ。

 

アイディールブレーン制震テープダウンロード

 

この「制震テープ」は、大地震時に最大80%の揺れを低減。

110年後も十分な制震性能を維持し、

他のダンパーと違い吸収材だけでできているので合理的なダンパーです。

 

3つの劣化ウンロード

 

この「制震テープ」は

高層ビル向けに開発された粘弾性体に注目した

防災科学研究所、東京大学、清水建設の三者が、

それを、両面テープ状に加工し、住宅用に制震テープとして研究開発しました。

SANNSYAimages

約1000mの吸収材を住宅全体に分散設置するので、

伝達材は不要。

振動吸収のバランスも良く大きな制震効果が期待できます。

制震テープ全体

アイディールブレーン 「制震テープ」は

弊社標準工法の「スーパーウォール」との相性が抜群。

制震テープで家のスキマもさらに小さくすることが出来ます。

合理的!!

 

SEISINNTE-PUダウンロードSW

 

これも、お施主様の大事な財産を守るために

お伝えするべき一つの提案とさせていただいております。

 

完成には見ることのできない大切なことの一つです。

 

 

完成見学会もお忘れなく!大好評ご案内中です!

【完成体感会】HomeBase~家族の基地~|南房総市和田町

お問い合わせはこちらまで! → お問合せフォーム

フリーダイヤル:0120-161-755
TEL:0470-38-5057
メール:info@hayaken.co.jp

インスタグラムはこちら→instagram/hayaken_minamiboso

facebookはこちら→facebook.com/hayaken.jp