NULL
熱中症と住まいの関係性! | 館山市・南房総市の注文住宅・リフォームなら早川建設|ZEH対応の家・鴨川市

熱中症と住まいの関係性!

(2018年07月25日)

「災害レベルの暑さ」と称されるこの夏の気象。

necchusyou_shitsunai

「私は暑さに強いから関係ない」と思って、

熱中症対策をしていないと、

熱中症が襲ってきます。

 

現場で作業をされている職人さんにも

休みながら水分を取りながら作業を進めていただくよう、

声かけさせていただきました。

 

消防庁のデータをみると、

意外なことがわかります。

 

都道府県別

 

平成30年都道府県別熱中症による救急搬送人員数をみると、

私たちが住む千葉県は全国的にも搬送人員が多いほうです。

海に囲まれた県だだからそうでもないかと思っていましたが、

意外です。

そもそも、その思い込みが危険なのかもしれません。

 

もう一点

発生場所ごとの項目総搬送人員数で、

住居が41.8%と半数近くまでの割合だったことです。

 

スクリーンショット 2018-07-25 19.13.49

 

また、年齢区分総搬送人員数は、

高齢者の方が46.5%とこちらも半数近くの割合ということがわかります。

 

スクリーンショット 2018-07-25 19.13.49(5)

 

住居とは敷地内も含まれているので、

一概には言えませんが、

高齢者の方が住居の中で熱中症になり搬送されたという

ケースが多くあるのでは?

と想像できます。

 

日中、炎天下の運動や作業で熱中症になるケースの方が多いと思っていましたが、

意外でした。

 

日本の気候が年々変わりつつある今、

家の性能って本当に大事だなぁって思います。

 

電気代を気にせずエアコンを使えていたら、

熱中症で住居から搬送される人も命を落とす人も少なくなるはず。

 

災害などが起きていつも思うことは、

住まいを提案する人って

人の命を預かる本当に重要な役割を担っているんだなぁって。

 

その役割が果たせているかというのは、

結果として分かりにくいからコストやデザインを優先し、

家の性能を重要視しない人もいるけど

災害が起こると重要性が本当にわかります。

それでも、防げない災害もあるから余計に思います。

 

このようなことを綴ると脅迫と批判される方もいますが、

批判されても叩かれてもブレてはいけないこと。

提案する上で本当は一番大事なことと改めて思います。

 

 

お問い合わせはこちらまで! → お問合せフォーム

フリーダイヤル:0120-161-755
TEL:0470-38-5057
メール:info@hayaken.co.jp

インスタグラムはこちら→instagram/hayaken_minamiboso

facebookはこちら→facebook.com/hayaken.jp

LINEはこちら→ 友だち追加