NULL
家づくりかわら版9月号発行 | 館山市・南房総市の注文住宅・リフォームなら早川建設|ZEH対応の家・鴨川市

家づくりかわら版9月号発行

(2018年09月14日)

お客様と打ち合わせをしていて、

こんな経験がありました。

新築の仕様打合せ中、

サッシの仕様を決めていました。

お客様は雨戸にするかシャッターにするか迷っていて、

「シャッターって高いイメージありますけど最近みなさん雨戸ですか?シャッターですか?」

という質問を受けました。

もともと、知り合いのお客様だったので、

何の気なしに、

「昔は雨戸が多かったですが、今は結構シャッターですよ~」

お客様は「昔?」と不思議そうな顔をされていました。

後から思ったのですが、

きっとお客様は、

私が言った一言で落ち込んでしまったのでしょう。

「私って昔の考えだったんだ。。。」

そんな気持ちに気付いたときすごく反省しました。。。

 

仕様打合せも家づくりの大事なひとつと考えると

きっとお客様をがっかりさせていたに違いありません。

 

家づくりは小さな部品から何百人の人が関わります。

その中でお客様の100%満足を目指すには、

一人一人の気持ちが大切。

 

しかし、生まれも育ちも性格もちがう人たちの気持ちを一つにするには、

一筋縄とはいかなそうで今でも正直わかりません。

 

スタッフみんなで悩んでいたところ、

LIXILリフォームショップの研修で先輩会社さんの取り組みを知り、

まずはやってみようと思ったのが、

 

はやけんの家づくりに関わる人に読んでもらう「かわら版」です。

題して「家づくりかわら版」!

家づくりかわら版_7月号

家づくりかわら版_8月号

家づくりかわら版_9月号

内容は、

最初に現場で気を付けることを載せています。

これは、現場スタッフにかぎらず事務スタッフも心得ることが大事です。

 

次に、

失敗談を備忘録として載せています。

同じ失敗を繰り返さないように、

お客様・スタッフともに現場で嫌な気持ちをすることがなくなるように

という思いでコメントさせていただいています。

 

事務所スタッフの取り組みや施工事例を載せさせていただいています。

現場スタッフには普段わからない事務スタッフの取り組みを知ってもらえるよう、

また、現場に関わらないスタッフや、現場スタッフも関わらなかった現場で、

どんなお家が完成したか共有できます。

 

お客様の声を載せさせていただいてまいます。

現場スタッフにお客様が思ったことを伝えます。

 

最後に思ったことなど一言綴らせていだいています。

 

「かわら版」を続けることで、

家づくりに関わる一人一人の気持ちがお客様の満足に向かい、

お客様の喜びにつながればと思います。

 

初めてから3カ月。

日々の作業に押しつぶされそうになる「家づくりかわら版」ですが、

続けることがお客様の満足向上と思って

スタッフみんなで続けていきます!

 

 

フリーダイヤル 0120-161-755
TEL 0470-38-5057
メール info@hayaken.co.jp

☆インスタグラムはこちら →instagram.com/hayaken_minamiboso
☆facebookはこちら → facebook.com/hayaken.jp
☆LINEはこちら → 友だち追加