NULL
鴨川市広場で新築上棟します! | 館山市・南房総市の注文住宅・リフォームなら早川建設|ZEH対応の家・鴨川市

鴨川市広場で新築上棟します!

(2019年01月09日)

昨年12月より基礎工事着工していました

性能もキッチンもHAPPYなコンパクトハウス

1/11に上棟します!

 

性能もキッチンもハッピーなコンパクトハウス2.jpg

 

このおうちは、とっても高性能な断熱パネル

LIXILスーパーウォールパネルという断熱材を使用したおうちで

いつもは厚さ6.5cmを使いますが

今回はなんと厚さ10cmの断熱パネルを使います!

ダウンロード

そんなに断熱性能を良くする意味があるの?

 

と思う方もいらっしゃるかもしれませんがお客様にお勧めしている理由はたくさんあります(・∀・)

 

①お客様の健康を1番に考えます!

1月2月は私たちが住む南房総でも急激に寒くなります。

体の不調を訴える人が多くなる時期です。

・風邪

・インフルエンザ

・1番気をつけたいのがヒートショックです。

ヒートショックは、温度差が激しい部屋を行き来したときに起こる身体異常の事です。

失神して気を失なってしまったり、ひどいときには心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまう原因にもなります。

断熱性能を良くすることによって、家の中どこにいっても22℃位の温度を保つことができればヒートショックによるリスクを軽減することができます。

 

feature_thermal_img_03

LIXIL HPより抜粋

①将来、資産として残るようなおうちを提案していきます。

建築業界は2020年に省エネ基準が引上げとなるため、

建物の断熱性能のレベルアップを図るよう国から指導を受けています。

引上げになっても、このおうちは2020年の省エネ基準に適合します。

引き上げにならないと予測して国策に対応しないと2020年以降不適合とみなされるかもしれないおうちを提案してしまうことになりかねません。

お客様にしっかりとそのことをお伝えします。

 

ダウンロード

LIXIL HPより抜粋

③お客様の家計の安心を考えます。

世界のエネルギー消費量は年々増加しています。

2040年の世界エネルギー消費量のおよそ1.3倍に増加すると予測されています。

エネルギー資源埋蔵量の予想は、石炭が100年、石油天然ガスは50年と予想されていて、

新たに油田、鉱山が発見されたとしても、限りある資源であることは変わりありません。

原油価格が不安定となりお客様の家計を直撃すると言うことも将来考えられます。

なるべくお客様の家計に影響がないようにエネルギー消費量の少ないおうちを提案します。

2013html_1-1-1_001

資源エネルギー庁 HPより抜粋

1/26(土)鴨川市広場 

「性能もキッチンもHAPPYなコンパクトハウス」新築現場にて

周辺住民の皆様への感謝の意をこめて

「上棟餅まき」を開催します!

IMG_4236

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

 

こちらの現場では

2/9(土) 2/10(日)

構造体感会を開催いたします!

☆地域型住宅グリ-ン化事業補助金1,000,000円対象物件

☆長期優良住宅

☆耐震等級3+制震

☆UA値0.50

☆2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会が提案するHEAT20外皮性能グレード G1グレード!

☆水道光熱費ゼロの家 

☆ゼロ・エネルギー・ハウス

完成後では見えなくなってしまうおうちの大事な部分を見学・体感しちゃいましょう!

 

予約フォーム準備中!参加希望の方は問合せ下さ~い!

 

フリーダイヤル 0120-161-755
TEL 0470-38-5057
メール info@hayaken.co.jp

☆フォロワーさん600達成!インスタグラムはこちら →instagram.com/hayaken_minamiboso
☆いつもいいねありがとうございますfacebookはこちら 

facebook.com/hayaken.jp
☆イベント情報要チェック!LINEはこちら → 友だち追加

NEW!! ピンタレストもチェック!施工事例アイデア満載!

スクリーンショット 2019-01-09 19.17.24

☆Pinterestはこちら→https://www.pinterest.jp/hayaken5057