NULL
シャワー派からの脱却 | 館山市・南房総市の注文住宅・リフォームなら早川建設|ZEH対応の家・鴨川市

シャワー派からの脱却

(2020年02月04日)

私はいわゆる「シャワー派」でした。

カラスの行水どころか浴槽に入らない。

シャンプーしてボディソープで身体を洗い

シャワーで流して完了でした。

・・・でした。

今はめっきり浴槽につかりまくっています。

血行がよいので肩こりが和らぎました。

ボーッと頭をリセットする時間もできます。

頭から湯船のお湯をかぶると最高です。

 

習慣が変わったのはお客様の言葉からです。

言葉というか表情でしょうか。

本当に幸せそうにおっしゃるんです。

「フロ、いいっすねぇ~」

 

 

入浴時間を楽しみにされているご主人。

三世代で暮らすためにご実家を大改装。

お風呂だけは絶対にコレにします!

自分のこだわりを貫き通しました。

そう、約2年前のリフォームイベントで

「はじめてのバスツアー」に参加された

あの女の子のご家族です。

2018.5.22はじめてのバスツアー

 

そんな喜びに満ちたフロライフを語られて

シャワー派の私も何年ぶりかに自宅の湯船へ

入ってみたらなんということでしょう。

 

まず次の日が楽ですね、よい睡眠がとれます。

血行が良いからか頭がスッキリします。

 

LIXILの「肩湯」、欲しくなりますよね。

ただ予算的に今すぐには無理だなぁ。

あんな機能やこんな機能もあったらいい、

そうしたら毎日家に帰るのが楽しみだなぁ。

 

私は仕事上で機能や価格帯を知っていますが

皆さんはどのくらいご存じでしょうか。

いつかリフォームしたいと思っている。

ではそのための予習はしていますか?

 

WEBなどで一方的に調べるだけではない、

実際に見て聞いて触ってみる、比べてみる。

ショールームへは行ったことがありますか?

ほぼ全種類展示しているショールームは?

モデルチェンジしたあとには行きましたか?

 

supa-ju

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ行ってみたいと思っていたんだよ、

そんなあなたに朗報が!!!!!

はやけんバスツアー、まもなく予約受付ます。

くわしくはFacebook、インスタ、LINE@で。

 

早川建設のリフォームエンターテイナー、

信川文紀でした!

 

★お問い合わせはこちら! → お問い合わせフォーム

TEL 0120-161-755
メール info@hayaken.co.jp

☆インスタグラムはこちら → instagram.com/hayaken_minamiboso
☆facebookはこちら → facebook.com/hayaken.jp