NULL
【省エネ】目で見て節約 | 館山市・南房総市の注文住宅・リフォームなら早川建設|ZEH対応の家・鴨川市

【省エネ】目で見て節約

(2017年04月11日)

どうやって節約していますか?

 

ご家族の、家計におけるランニングコスト。

特に光熱費、電気・水道・ガスの使用料金、

今の設備でどうやって節約していますか?

 

照明スイッチをパチパチ消してるよとか

食器洗うときは貯め水で洗っているよとか

節約機能がついている設備使ってるよとか

気合いと根性で節約努力されているコトを

否定する気は全くございません。

 

今日は、その節約のためのヒントを1つ。

 

信川さん、私、家計簿つけてるのよ!

日々の買い物とか支出を書き留めていて

使い過ぎていないか意識してるの。

 

奥さん、それですよ、それ。

 

支出を意識することが大事です。

生活費の支出は家計簿でみてます、

貯蓄だって月々積んでいる賢い奥様。

 

どうでしょう、通帳みるの嬉しいでしょ?

節約している、貯まっているその数字を

定期的に見渡して明日を考えるアナタ。

そこに喜び感じていますよね。

 

独身で家計簿に縁がない私にも楽しめる

節約に直結する数字があるんです。

それは・・・・・

 

社用車である電気自動車の航続距離。

あと何キロ走ることができるか。

 

早川建設の社用車は日産LEAFです。

電気自動車用充電コンセントを設置して

終業後に一晩充電して明日へ備える。

そんなバッテリー充電100%の毎日なので

航続距離の増減に一喜一憂しています。

 

信川さん、増減という表現はちがうでしょ?

 

いやいや、LEAFは走行中も充電します。

下り坂でアクセル離すと多少充電します。

白浜から九重に抜ける安房グリーンライン、

私から言わせれば省エネ走行の見せどころ。

この道はアップダウンが多い道ということで、

登りでいかに走行エネルギーを使わずに

下りでいかに充電エネルギーを貯めるか。

調子いいと白浜~九重通過後の航続距離が

ほとんど変わらないというのが私の喜びです。

で、調子に乗ってギリギリで会社へ到着(笑)

IMG_5713

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例え話が長くなりました。

節約するために目で見て考えて行動する、

そんな判断基準がありませんか?

 

今どきの屋根に載せた太陽光発電システムの

発電量、売電量などは液晶パネルではなく

スマホやタブレットで確認できるんです。

つまり、液晶パネル前で見て考えるんでなく

スマホで家じゅうの電気利用状況を管理して

節約生活に磨きがかかるというコトです。

 

目で見る、確認する、数字で判断する。

 

ゼロエネ住宅、いわゆるZEH住宅補助金は

目で見て節約できそうなシステムなくして

効果測定ができないし、採用する意味がない。

曇っているけど太陽光発電システム働いてる!

暑いけれど効率落とさないで頑張ってるね!

そんなが毎日見られれば節約につながる、

どうでしょう、ランニングコストが抑えられると

どんなHappyが待ち受けているかな?

 

 

「目で見る」というキーワード。

4月29日に東京ビッグサイトで開催される

LIXILリフォームフェア2017

リフォームに限らず、新築検討中の方も

イメージしやすい空間展示を参考に

ご自身が望む空間イメージが湧くかも!?

 

〆切は・・・・・今日という設定ではありますが

スタッフ日記を見ましたって合言葉で

もう少し〆切を延期したいと思っています。

 

家づくりエンターテイナー

信川文紀でした。