NULL
【南房総】週末田舎暮らしの拠点 | 館山市・南房総市の注文住宅・リフォームなら早川建設|ZEH対応の家・鴨川市

【南房総】週末田舎暮らしの拠点

(2017年08月01日)

アナタの家から車で100km圏内だと

どのあたりまで行かれるでしょうか。

 

館山駅からだとどのへんでしょうね。

JRバス関東の高速バス時刻表によれば

東京駅周辺まで約100kmのようで、

所要時間にして1時間半くらいでした。

房総なのはな号デジタル時刻表 より

 

私が子供の頃、30年くらい前ならば

特急さざなみ号で2時間くらいでしたか

自家用車での日帰りなんて強行軍でした。

今では館山道など道路事情が便利になり

東京など都市部を「近く」感じます。

 

その逆に都市部在住の皆さんから見れば

東京から一番近い田舎として注目できる

南房総、館山、鴨川ではないでしょうか。

 

だからこそ実現可能なライフスタイルが

平日は都市部でバリバリと仕事をこなして

週末は田舎へ移り、自分の時間を楽しむ、

いわゆる都市部と田舎の二拠点暮らし

 

私の友人で自ら二拠点居住を実践している

建築ライターの面白い記事を見つけました。

あえて、【南房総ないない】5選

都市部にないモノがあるという南房総、

三方が海に囲まれ、適度な標高の山々、

採れたて獲りたての新鮮な食材の数々、

ここで暮らす私達にとっては日常でも

毎週通い続けるほど好きという人々。

 

信川さん、広くなくていいんだよね、

道楽に充てられる予算も限られてるし

終の棲家にって家じゃなくていいの、

南房総にセカンドハウスが欲しくてね。

 

ここで私が聞きたいコト、まず「広さ」

広くなくていい、という基準です。

それともう1つ。

この家でなにを「楽しむ」のか。

サーフィンやゴルフなど趣味を楽しむ

ベースとして週末利用したいのか。

モノづくりのアトリエにしたいのか。

家族でBBQを楽しみたいのか。

むしろ、

地代が安く穏やかな田舎を拠点にして

たまに都市部へ出向くワークスタイルで

毎日のスローライフを楽しむのか。

 

深水様邸_170729_0623

 

 

 

 

 

 

 

 

8月5・6日の土日に開催する見楽会では

アナタの理想に近い空間かもしれない、

私だったらココはこうしたいんだよね、

そんな「ヒント」が湧きあふれるような

2時間になればと考えております。

 

詳しくはコチラ=> はやけんイベント情報

WEB予約もできますのでご覧ください。

 

セカンドハウス見学会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急な告知で申し訳ございませんが、

ご希望日前日までにご予約ください。

 

TEL 0120-161-755

Email info@hayaken.co.jp

 

アナタのご指名、喜んで承ります。

家づくりエンターテイナー

早川建設 信川文紀でした!