NULL
洗濯機と物干しスペースあるある | 館山市・南房総市の注文住宅・リフォームなら早川建設|ZEH対応の家・鴨川市

洗濯機と物干しスペースあるある

(2019年06月18日)

家づくりあるある。

今年の梅雨は極端ですね。

どしゃ降りの日もあれば晴れの夏日もある。

梅雨の晴れ間に洗濯モノをまとめて干す、

水気が残る重くて大量の洗濯モノを運ぶのは

家事は担う方にとって苦労の1つですよね。

 

洗濯モノを干す場所。

あなたの家ではどこでしょうか。

 

https___imgix-proxy.n8s.jp_content_pic_20170613_96958A9F889DE3E4E4E2EAEAE2E2E3EBE2E7E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXZZO1668095022052017000000-PB1-34

 

 

 

 

 

 

 

 

ベランダ?庭?ガレージや倉庫の中?

もしくは乾燥機能がある浴室だったり、

日当たりのよい広縁など廊下だったり、

やはり日当たりのよい場所ですよね。

 

洗濯機から物干し場までの距離や時間。

限られた時間での家事は時短を図りたい。

そうですよね?

その距離を縮めれば時短になりますよね、

物干し場と洗濯機が同じ空間にあれば・・・。

 

洗濯機をどこに置いていますか?

浴室隣の脱衣室が定番化していますが、

日当たりのよい場所はLDKにしますので、

浴室や洗面脱衣室は自動的に北側になる。

そこまでは致し方ないと思うんですね。

では脱衣室に洗濯機を置くのはなぜ?

 

お風呂に入る前に脱いだ服を洗濯機へ。

寝る前に洗濯機を回しておけば翌朝完了。

水を含んだ洗濯モノをカゴに入れて運ぶ。

 

では、カゴに入った脱いだ服を運ぶのと

洗濯直後の服、どちらが重いでしょうか。

 

もしかしたら物干しスペースに近い場所に

洗濯機を設置するのも1つの家事楽?

ランドリールームという家事空間を作り

洗濯から乾燥、アイロンやたたむ作業も

その場所で完結すればどうでしょうか。

 

そういう工夫が家事の時短へ繋がるんです。

ビルダーの担当からも提案があるはずです。

 

とはいえ、ランドリールームを設けるほど

予算的に厳しいから脱衣室へ洗濯機を置く。

そんな時は「ガス衣類乾燥機」がオススメ!

Rinnaiガス衣類乾燥機 乾太くん

Rinnai 公式HPはこちら→ 乾太くん

 

館山市内で現在リノベーション中のお客様は

三世代居住の家族構成で若い世代のご夫妻は

共働きで洗濯モノを干す時間も短縮したい!

そこで採用に踏み切ったのが「乾太くん」

 

キッチン熱源は奥様のこだわりで「ガス」

そこから洗濯乾燥機も給湯機器もガスで。

お引き渡し後の奥様の体験談が楽しみ!

 

ガス派のみなさーん。

千葉県内のショールームで体感できます。

お問い合わせはこちらまで!

info@hayaken.co.jp (@は半角で)

0120-161-755

お気軽にどうぞ!