こんにちは!早川建設の髙尾です!

みなさん、このゴールデンウィークはどのようにお過ごしでしたか?

私は野球をしたり、美味しいラーメンを食べたりとても充実に過ごせました!

気持ちを切り替えて今日も頑張ります!

 

さて、本日も4月から始まった新築現場へ行ってきました!

なんと、基礎工事終了しました~!

いざ現場へ到着すると、型枠が外れているではありませんか!

コンクリートが固まったのですね!

新しいコンクリートってすごくきれいな色なんです。

仕上がりも綺麗だったのでとても見栄えが良かったです!

早速ヘルメットをつけて基礎に近づくことに!

立ち上がりの一番上にご注目ください、色が少し変わっていますよね。

この上の部分をコンクリートレベラーと言い、

これを5~20㎜程度流してコテ押さえなしで仕上げることで、自然と水平が出来上がるというものです。

レベラーは高度もあり、速乾性もあるため優秀な素材なのだなと感じました!

ここが水平でないと内部建具のゆがみ、床がでこぼこになってしまう原因と言われます。

今まで職人さんがコテ等で水平にしていたと思っていたのですが、

レベラーを使い水平にしていたのですね!

 

ベースコンクリートの上に上陸、、、

目に留まったのは2色のアンカーボルト。茶色と灰色ですね。

遠近法で同じ長さに見えてしまいますが、灰色の方が長いのです!

この違いは何なのだ!と思い、永井さんにアンカーボルトについて聞いてみました。

まずボルトとは基礎と部材を接合させる役割があり、主に鉄骨造や木造で使われます!

灰色のボルトは柱に接合させるため、茶色のボルトは土台と接合させるものとなっています。

こうやって見ると意外と柱は多いのですね~

 

永井さんにコンクリートの角をみてごらんと言われ、見てみると角がとられていました。

永井さん曰く、コンクリートの角が服などに引っ掛かったりする可能性がある為職人さんが

角を滑らかにしてくださるのだとか!

早川建設では、丁寧な施工かつ安全面にも配慮して現場を動かしています。

 

本日のたかおブログは以上となります!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【次回】たかおブログ木工事編!?

お楽しみにお待ちください!