2022.6/25

みなさんこんにちは!早川建設の髙尾です。

先日のお休みの日に、猫カフェに行ってきました。

家でハムスターも飼っていますが、猫も可愛いですよね😽

 

さて、本日は館山市の新築現場で、気密測定を行いました!

まず気密測定って??

気密測定とは、住宅全体にどれくらいの隙間面積があるかを、測定士さんが専用の機械を使い測定することです。

この測定により割り出された気密性の値をC値と言います。

C値は0に近ければ近いほど気密性が高いという事を示しており、

C値=1.0㎠/㎡(1㎡の中に1㎠の隙間がある)を切るくらいであれば気密性がいい住宅と言われています。

 

早川建設ではこのC値を0.33~0.35を目標として家づくりをしています。

C値0.33~0.35という数字は、家全体の隙間を合わせると、約6㎝角の大きさだと言われています。

今回の新築現場でのC値はどのくらいなのか、とても楽しみです。

 

それでは現場での気密測定を見てみましょう!

家の中に入ると見慣れない機械が!

これが気密測定を行う機械です。

気密測定を行うにあたり気になる事が1つありました。

既に換気システムなど、外気と部屋の中を繋げる箇所があります。

測定をする際、そこから空気が入りC値が大きく出てしまうのではないのか…

大丈夫です!そのようなところはシャットアウト!

テープ等で穴をふさいで家全体の隙間面積だけを測定します。

 

では、機材を準備しいよいよ測定開始!

私達が家の中にいると少しでも測定にずれが出てしまうので、一時撤退。

外に出て結果を待っていると、信川監督が何かをしている!!

監督曰く、”念押し”だそうで測定結果が、いい数値になるように押しているのだとか!

その念押しの効果は如何に!?

結果を待つこと5分ほどで検査員さんが家から出てきました。

さて気になる結果は、、、C値=0.28!!

これには監督も思わずガッツポーズ!

念押しの結果が出ましたね😊

 

とても素晴らしい結果が出ましたね~

C値=0.28とはどのくらいかと言いますと、、、570mm角の正方形!

(作:岡・信川)

家全体の隙間面積を全部集めるとその位という結果が出ました!

そして早川建設の目標値は0.33~0.35。目標も達成しました!

 

更に、お施主様にこの数をお伝えしたところ、「すごいいい値ですね。」と大変喜ばれていました。

現場の皆様いつも丁寧な施工をありがとうございます。

 

【お知らせ】

6月18日(土曜)から7月3日(日曜)まで構造見学会、開催中!!

構造見学会会場は、何と現在このブログを書いている館山市の新築現場!

テーマは「家族の健康に優しい総二階の家」家族の健康を第一に考えた高気密・高断熱の家づくり!

となっております!

構造見学会では、重要な役割を果たしているのに普段隠れてしまっている部分や、

家づくりの基礎を見学することが出来ます!

・夏涼しく冬暖かい、一年中快適な暮らしがしたい
・お風呂までの廊下や洗面所が寒い・・・ヒートショックが心配。
・朝すっきりと目覚めて、行動の幅を広げたい!
という方はぜひ、お気軽にご来場ください。

※完全予約制

 

本日のたかおブログは以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様のご来場お待ちしております!!

 

 

次の記事  前の記事