NULL
家づくり教室in船橋 | 館山市・南房総市の注文住宅・リフォームなら早川建設|ZEH対応の家・鴨川市
はやけん剛史のMONOすごいブログ はやけん専務ブログ

家づくり教室in船橋

先日、去年の夏にお引渡しした、ゼロエネルギー住宅(国交省グリーン化事業補助金取得)に訪問してきました。

「冬になってから窓が寒いよ」ということで、見に行きました。

 

高気密高断熱住宅は、隙間がほぼゼロで、家の中の空気が無駄に動くようなことはありません。

そして、室内温度は空調設備の利用と季節での気温によって、常に一定を保っています。

その分、ものすごく寒い日や、冬の朝と夜は、窓の近くは、寒いと感じてしまうことがあります。

直射日光が当たらない時間帯は特にそうかもしれません。

「家の中の空気が外からの隙間風で動かないので、窓の近くは温度差が空気が動いて感じられる。」

ある意味、高気密高断熱住宅であるが故の、これまでの住宅には無かった悩みです。

対策としては、いまのエアコンの温度を1℃~0.5℃下げて一階と二階のエアコンを両方稼働し、上下階の温度を無くす、または一階のエアコンンの温度を1℃~1.5℃上げる・・・などいくつか試して頂けると変化があると思います。

ちなみにこちらのお家では、今年の寒い冬でも、エアコンは一階の一台のみの稼働だそうです・・・びっくり!!

 

しかも、しかもですよ!

エアコンの温度は「21.5℃」で稼働中!!

IMG_20170116_185009

「寒い!」と思って28~30℃くらいでエアコンを稼働させ、それでも「寒い!!」となるお家が多い中、まさかの「21.5℃」!!

この数値に感動しました。

最近よく言われるのは「高性能な家は数値に結果が表れる」ということ。

計画段階で数値をしっかりと決め、暮らし始めてからも計画通りかそれ以上で答えることが出来たこと、とてもうれしいです。

ちなみに太陽光発電も、ほぼ100%以上の稼働率!実際に見せてもらいましたが、この数値もすごいです!

何よりも、エコや省エネを意識して生活しているお施主様が素晴らしいと思います。

ちなみに訪問した時のお施主様の服装は「半袖、短パン」(笑)

その日はちょうど寒波が来ていた日で、この冬一番の寒さだった日です。半袖短パンって・・・こっちはジャンパー着こんでましたよ・・・。

早川建設を選んでくれた、お施主様に感謝!そんな日でした。

 

さて、そんな高気密高断熱住宅についての勉強会を開催します!

「家づくり教室in船橋」

スライド1

千葉県内の16社の工務店が集まり、講師として皆様に家づくりについてお話しします!

LIXILさんの船橋ショールームにて開催いたします!

締め切りは来週月曜となっておりますので、最後の募集です。最新の家づくりを聞きに来てください!

予約制になりますので、電話、メールからご連絡をお願い致します。

フリーダイヤル:0120-161-755

TEL:0470-38-5057 

メール:info@hayaken.co.jp

logo_hayakawakensetsu_high